トップページ

大人ニキビ化粧水でアクネ菌対策とアンチエイジングを

しつこい大人ニキビには潤いも必要

20歳を過ぎてからのスキンケアは「保湿」を重視しなければなりません。
それはニキビ肌でも同じ。
女性ホルモンの影響や日々のストレス、疲労がたまると20代後半、30代の乾燥しがちなドライスキンでもニキビはできます。
乾燥とアクネ菌と言う複数のトラブル要因を抱えているお肌には、潤い×低刺激×アクネ菌対策すべてをまかなえるスキンケアがおすすめ。
そんな大人の肌に適したニキビ化粧水をご紹介します。

ルナメアAC

オイルカットだと潤い不足に、アルコール入りで刺激が強いとさらなる肌荒れに、肌に優しいだけのケアだと効果が物足りない…、 フジフイルムのルナメアACは、そんな今までの「物足りなさ」を補う、実感型ニキビ化粧水です。
メーカー独自の新発想技術で、ニキビを治すために必要なアクネ菌へのアプローチを活かしたまま、「低刺激」「潤い力」も兼ね備えています。
毛穴汚れ、古い角質もスッキリ、だけど潤いは残したままなので、仕上がりはまるでプルプル赤ちゃん肌のよう。
洗顔から仕上げのジェルクリームまでのフルラインをトライアルセットで試せます。

アクポレス

ストレスや寝不足、加齢などでお肌の代謝リズムは乱れ、皮脂と水分バランスも崩れてしまいがちです。
そうなると、乾燥気味なのに過剰な皮脂によって毛穴はアクネ菌の巣窟に。
アクポレスに配合されているライスパワーエキスは、使用すると不要な皮脂量を減らし、水分保持力は増大(コラーゲン・ヒアルロン酸の1.4倍!)させると言う乾燥ニキビにうってつけの機能を持っています。
適度な皮脂量、十分な潤いは美肌に欠かせない基本ですので、使い続けるうちにトラブルを寄せ付けない健康的な肌に近づけます。
医薬部外品として信頼度もさることながら、一度使えばその効果、続けやすさに納得。
1日あたり1,200本も販売している絶大なる人気を誇るニキビ化粧水です。
効果を存分に実感するなら、ベーシックアイテム3点にスペシャルアイテム3点がセットになったパーフェクトトライアルセットがおすすめです。

リプロスキン

ニキビが治っても、またすぐできてしまう、治りきらないうちに新たにできてしまう、そんな経験はありませんか?
同じところに繰り返す内にシミや色素沈着化してしまうことも珍しくありません。
そんなトラブルを寄せ付けやすい肌は、固くゴワついていることがほとんど。
固くなった肌ではせっかくの有効成分も奥まで到達できず、表面を潤すのみで終わってしまいます。
そんな「ゴワついたお肌」を改善し、健やかに保つお手伝いをするのがリプロスキンの導入型柔軟化粧水。
「導入型」の名の通り、固くなってしまったお肌に柔軟性を与えることで、肌奥に浸透させたい有効成分の道筋を作ってあげることができます。
浸透しやすくなったお肌にナノ化&マイクロソーム構造によって「長く留まる」ことを実現させた8種の美容成分が入り込みます。
ニキビは治った後も油断は禁物。肌環境を整えることで繰り返すトラブルを回避できるようにしましょう。

ニキビを退治する食生活

ニキビができやすい方は、同じところに何度もできたり、うまく治らず赤い跡になったりしてしまいます。

トラブル予防はスキンケアから、というのも正しいのですが、困った悪循環を断つためには化粧品によるケアだけじゃなく内側からのケア「食生活」も変える必要があります。

体にとって必須の基礎栄養はもちろんのこと、コラーゲン、ビタミンCなど更なるプラスアルファを摂る事で美肌効果を発揮します。

食事ではなかなか補いきれない美容成分は美肌サプリなど摂取するのも一案です。

また、同時に「肌荒れを起こすもの」を避けることも必要。

肌には個人差があるのでトラブルの元になる食事も人それぞれです。日々の食事記録をつけていると「こういう食生活だと肌が荒れる」と気付きやすいので、メモ程度でもかまわないので一定期間記録してみるのもおすすめです。

やはり油脂は控えた方がベター

肌に悪い食べ物、というと、皆さん察しがつくことと思います。

そう、脂分を多分に含む食べ物です。

特にチョコレートやスナックなどの菓子類、ハンバーガーなどのファストフード類はかなりの脂質を含んでいるので、皮脂分泌を増やす原因になります。

特に皮脂が多い、毛穴汚れが気になると言う方はこれらの食べ物は出来るだけ控えた方が良いでしょう。

控えすぎても良くない食べ物

同じように、ニキビ対策として「肉類を控えること」を考える人が多くいます。

しかし、これは両刃の剣と言わざるを得ません。

というのは、肉類には当然ながらたんぱく質が多く含まれており、このたんぱく質が皮膚を作る原料となっているためなのです。

良くないのはあくまで「脂質」であり、これを避けたいからといって肉類そのものを避けてしまうと、「タンパク質」の大きな摂取源を絶ってしまうことになるので、逆効果なのです。

年齢を重ねると、ニキビ予防だけにとどまらず、たるみやシワなどのエイジングサインも現れてきますから、寧ろ肉類は適度にとっておくことをオススメします。

ただし脂質は出来るだけ削いでおきたいので、豚肉や牛肉の脂身を切り離しておいたり、鶏のささみ(ビタミンB6が多く含まれているため肌に良い)を多めに摂るなどの工夫をする必要があります。

もちろん魚類や豆類もたんぱく質の宝庫ですのでバランスよく食べるようにしましょう。